2006年10月20日 (金)

ネット上での再会。

4月からmixiを始めたのだけれど、「結構危険だよなぁ」と思って本名をもじった名前で登録していた。
ニックネームは、いつものやつだから、判る人には判るようになっていたのだけどね。

もじった名前は、実際に存在しうるような名前だったものだから、中学・高校の同窓の方々が足あとを残されているもののメッセージは滅多に送られてこない。
名前見て「知らない人だ」って判断されがちなのよ。足あとを辿って見てみると「あ、同級生だ」って思う事もしばしば。偽名で登録されていても、同級生だったらなんとなく「あの人だ」と判るものである。

そんなこんなで、マイミクさんはあまり増加しないのであった。

時代の流れに逆行しているのだが、もじった名前から、本名の一部を表示するようにプロフィールの登録を変えた。mixiから個人情報がだだ漏れなので、一部だけを表示させるのが私の精一杯でもある。
そしたら早速、高校の同級生からメッセージが届いた。かつて彼女の足あとが残っていた事があったのだけど、本名からかけ離れた名前で登録されていたので、全く判らなかった相手でもあった。高校の某トピの書込みで誰なのかメッセージが送られる前に判明はしたのですけど。

高校を卒業して十数年。
高校の文化祭も卒業した翌年迄しか行かなかったし、二十歳の時に3年のクラス会があったくらいで、全く同級生とも連絡をとっていなかった。
部活の仲間とも、大学に在籍していた時期には夏休みに集まったけれども卒業するとなかなか機会は無く。
⋯⋯一体、どういう高校時代を過ごしてきたのやら。

私の生き方の問題か。

| | コメント (6) | トラックバック (1)