« なかなかキツそう。 | トップページ | 筋肉痛で動きが緩慢。 »

2014年1月20日 (月)

鬼が出るか、蛇が出るか。

できれば仏に出て欲しい。

面接に行って来ました。
あまりにもできな過ぎで、帰宅後には身体中が痛くなってしまいました。今は落ち着いたかな。
相手六人、こちらは一人。
下手から管理課長、財団の方、天文課長、展示課長、副館長、館長。
非常勤職員の試験なのに、この人数。心も折れます。
うー、昨年度の博物館面接も大人数でした。下手から館長、副館長、他四人。
大勢の目で確かめられるのは緊張します。

面接内容は、大学の勉強内容、卒論テーマ、これ迄の業務内容。
そして、口述試験。
この口述試験が曲者でした。簡単な事柄から二年間で忘れてしまった事柄迄。筆記試験が無い代わりに、専門的な質問が重ねられました。記憶に無い事がいっぱいで、あげくの果てに「ワカリマセン」と返答する始末。
理系の試験であるから「考え方を途中まででも結構ですから、お答えください」と言われる。数学のテストと同じですね。解答を導く迄の道筋を非常に簡単に説明をし、部分点を頂けるらしい。
それにしても、頭が錆び錆び。
想定外だよね。
ここおよそ二年間の面接で専門試験なんて無かったよ~。困るよ~。心が痛いよ~。

管理職の方々からは二年間の空白期間について、当館と他館との比較について尋ねられました。
正直に答える。
正直さしか私には無いから。

多分、二次試験の受験者は私を入れて三人。
多分、私以外は男性。
そして私は期待外れらしい。
期待されているのに応えられない自分が情けなかった。ふと、これ迄の生きざまが親の期待を外しまくりだったのに気付いた。
帰宅後、母に大学受験の頃に期待を外してしまった事を詫びた。「期待外れだったでしょ?」と言うと、「しょうがないよ」と言われる。

今回の結果が出る迄の日々が重苦しい。
ただの非常勤なのに、この重さは何だろう。
非常勤なのに全国に公募されると、私のような中途半端な者には先が見えない。
今月いっぱい、ニャーニャー喚く毎日が続きそうです。

|

« なかなかキツそう。 | トップページ | 筋肉痛で動きが緩慢。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110385/54683390

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼が出るか、蛇が出るか。:

« なかなかキツそう。 | トップページ | 筋肉痛で動きが緩慢。 »