« こんな一日。 | トップページ | 就職活動? »

2013年12月10日 (火)

ケア・マネージャーさん訪問。

月に一度、ケア・マネージャーさんの自宅訪問がある。
翌月のサービス計画表を持ってきてくれ、そして母の体調確認をするわけだ。時には、サービスの提案をしてくれる時もある。
デイサービスの空きが無くて週一しか入れなかった頃は「別の施設で週一追加しませんか」とか、先々月は「外出の時に歩行器使いませんか」とか。
現在通っているのとは別のデイサービスは自宅から離れているので断り、歩行器は兄の反対があって断る。今後継続していく事を考えると近場が良いし、出来ることは本人にやらせるという方針から。

現在の私が追加で受けたいのは、通院介護のみ。
それが非常に難しい。
最初の介護認定が出たとき、市所有のワゴン車での送迎サービスへ登録しようとした。これは、通常のタクシー料金と同額程度で病院等への送迎をしてもらえるサービス。
病院を退院後、U市郊外にあるリハビリ施設へ通うために使用したかった。都内に通勤するようになって私の車は無くなり、リハビリ施設へは電車とバスを乗り継がなくてはならなくてね。最初の数ヶ月は歩かせる自信もなかったし。
しかし、車椅子使用の者でないとならないと断られた。弱視で障害者手帳も所持している旨も伝えたのだけど、全然駄目。
車椅子使用の肢体障害者なら登録できたのですが。
なんて言われて、その話はお仕舞い。
そう、うちの母は中途半端に動けちゃうので、老人介護施設の通院介護もお願いできません。

ケア・マネージャーさんとの初回面接時も、先々月の訪問でも通院介護の質問をしたけど、母のように歩ける人は×。介護が必要な人がお願いしたとすると、一時間1000円程度の計算になるらしい。
行こうと思えば一人で何処にでも行けてしまうので、そういう人に対するサービスは無いらしい。あ、行けるのか。それじゃ無理だな(苦笑)
だけど、本当に一人で行かせるのは気が気でない。
健康な私が家に籠った生活を送るのは不自然なのだが、何と言うか……仕事をするとなると、パート・アルバイトでも断られちゃう経験を一度している。数日前に書いた某県税事務所の面接で「母の通院に付き添いたい為、数ヶ月に一度お休みしたい」と正直に伝えた。いやぁ~伝えた途端空気が変わる変わる。この面接、半年期間限定のパートだよ。自宅から徒歩で20分も掛からない場所にあるので便利だったのに。正直に生きるのが後々歪みが出ないと思っているから自分から伝えたのが誤りらしい。パートだから甘く考えた私が悪いのか。
近所見回しても老人世帯ばかり。元気な独居老人もいる。
……元気が一番だね。

福祉に関する知識は、祖父母と同居だったせいか、核家族だった同級生達よりはあると思う。
祖父母が亡くなってから介護保険が作られ、福祉サービスが手厚くなってきたというのも知っている。
でも、隙間があるんだよね~。
法律や内容を決めた人は老人と同居していない人なんだろうね。

そうそう、登録に行った時に断ってくださった役所の職員さん「肢体障害認定されているのに、自転車で動き回ってる障害者さんもいるんですけどね。その方が登録に来たら困っちゃうんですよ~」とぶっちゃけてくれたが、うちのケースも別の相談者にぶっちゃけたりしているのだろうか?
その後に母は骨折して人工関節入れたし、そろそろ肢体障害で申請してみるか?でも、診断書を書いて貰うのに結構出費があるんだよね。もう視覚障害で手帳持ってるから、余計な出費をして障害を追加する必要もないか。

|

« こんな一日。 | トップページ | 就職活動? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110385/54212222

この記事へのトラックバック一覧です: ケア・マネージャーさん訪問。:

« こんな一日。 | トップページ | 就職活動? »