« 2012年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月11日 (火)

お風呂に手拭い。

汗ばむ季節となり、自宅での必需品は手ぬぐい。
恩師のご実家が染め工場だったのを思い出してネット検索して以来、手ぬぐいに興味を持ち始めたのでした。
なんといっても綿100%の魅力!

中学だったか高校だったか……高校在学の時だな、中学の先輩から「家の姉ちゃん、風呂で手ぬぐい使ってるよ」という話を聞かされた。
何故高校時代に手ぬぐいの話題が出たのかと言うと、私が通った高校では年に二度ほど手ぬぐいが配られたからなのでした。汗をかく行事の際、配布されたのです。今でも配布は続いているに違いない。
先輩のお姉さんが私の同窓に当たり、高校で配られた手ぬぐいをちゃんと使われている話となったわけです。
私ですか?何故か勿体なくて箪笥の肥やしです。今思えば、使えば良かった。いまだに死蔵してます。

そんな二十年以上も前の記憶から、お風呂に手拭い始めました。
使っているのは、十年以上前に父から貰った物。
選挙で使う「必勝はちまき」用の手拭いです。
いやぁ、「必勝」がデデンと書かれてるもの、外で使えないでしょ。
それが二枚もあるのだ。交互に使用できるのは素敵だが、何となく飽きる。そして、私は何に勝とうとしてるのだと自問してしまう。

それはさておき、手ぬぐいの肌触りが良いんだわ。
話題の『てぬぐい洗顔』は石鹸を使うけど、私はお湯に浸して撫でるだけ。それだけでも充分気持ちが良い♪
捺染(なっせん)だと染料によっては水を弾いてしまう事もあるらしいのだけど、必勝手拭いは大部分が白地で注染(ちゅうせん)なのでお湯との馴染みが良いから余計にね。

問題は、糊を落としたのが一年くらい前。ごく最近だと言うこと。
undefined
手拭いの裏から撮影した写真なのですが、生地に傷みがバッチリあります。
注染なので染料が手拭いの裏にも確りと染みています。手に入れて直ぐに水洗いしないと染料の近くの生地が弱くなったり、黄ばみが出ちゃうそうなのです。
黄ばみは古い服だって起こるけど、美しくないものね。
手拭いに慣れて、新しく購入した時は、水通しをきちんと遣ろうと心に決めたのでした。

そうそう、先日皮膚科に行くと、チノパンの後ろポケットに綺麗に畳まれた手拭いを入れていたお兄さんがいました。やはり、お肌に良いんだわね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 8日 (土)

聳え立つ恐怖。

昨夜、BSジャパンで『タワーリング・インフェルノ』を見た。
アメリカで1974.12.14に公開された映画。
パニック映画でグランドホテル方式。

設定を現代にしてリメイクしたらどんな風になるのだろうか。
この映画の設定で舞台化可能だろうか。
なーんてな事を考えていたら、blogを書かずに眠りに堕ちてしまった。

私の中での結論、映画だからこそ138階建てのビルが生きる。
911の被害者及び被害者家族の心情を考え、リメイクされないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 6日 (木)

脱メタボ予備群!……したいんですけど。

不惑を迎えると、身体の調整部分にガタがきてしまうものなのか、昨年度の健診でメタボ予備群を言い渡された。今からこんなじゃ、更年期になった時が恐ろしい。

学生時代から悠に10㎏増加。
腹囲は90㎝まで先は長いが、運動不足で引き籠りがち。
血圧は昔より上がったが、それでも120前後。
コレステロールは、まあまあ。
問題は中性脂肪。
三十代では基準値バッチリだったのに、昨年度は、150未満のところ370という値を刻んでしまった。
3月に最寄りの病院で検査したら173にさがったが、それでも基準値を超している。
中性脂肪だけなんだよ。でもこの中性脂肪は曲者で、時々頭痛に悩まされると、脳梗塞を起こすんじゃないかとドキドキする。
中性脂肪の値が高いのは父からの遺伝くさい。父が存命中、600くらい行った時があった。その際、医師から言われたのは「小渕さんみたいになるよ」だった。
幸いかどうか微妙であるが、父は別の病がきっかけで旅立った。

脳梗塞は同居していた父方の祖母がなっており、食生活に異状あり。

ふと……もう更年期に突入したのか……なんてフレーズが頭をかすめた。
春先に丁度良く大学病院の公開講座があり、そこで頸動脈の動脈硬化と下肢静脈血栓検査をしてもらった。
年配者が検査している中、場違い感がビシバシしたが、自分の身体は自分が守ろう精神で苦行を耐えてみた。検査内容はエコーなので痛みもなにも無いのだが、検査技師がこちらを見ずにプローブを振り回すので、ゼリーが私のマスクや髪に付きまくり(--;) 最低。
反して検査結果は良かった。
総頸動脈の最大厚が1.5㎜以上で動脈硬化の疑いがあるらしいのですが、私の場合
右 0.6㎜
左 0.5㎜
これから徐々に厚みが出るのかと思うと、気持ちを引き締めなくては。
下肢静脈エコーでは深部静脈血栓は無かった模様。長時間座ると正座じゃないのに足が痺れるから気になったんだけど大丈夫みたいです。

病気の話をし始めたら年寄りの証らしいので、私も年寄りの仲間入りですね。
さて、来月には健診がある。
小さな事しかできないが、一日の歩数が8000歩を超えるのを目指して生活してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水)

天気予報、まずまず当たり。

今朝の天気予報は、

関東全域で晴れ、北関東の所によって雷を伴う雨が一時降るでしょう

というような感じのものだった。
律儀に折り畳み傘を鞄に入れる私。
母は、荷物になるからと持たなかった。
出先で15:00を少し過ぎた頃、バス停の屋根の下でバスを待っていると突然の雨。暫くすると雷さえ聞こえ始めた。
南方の空は明るくて、局地的な雷雨のようだった。最近は予報が外れぎみだったが、今日はどんぴしゃな感じだった。

さて、私の傘は活躍したかどうかだが……バスを降りて駅舎までは雨が降っていたが、傘をさすほどの距離でなく、傘は広げなかった。
駅のプラットホームに立つ頃には雨は止み、自宅最寄り駅に到着してみると雷鳴轟くものの雨が降った形跡は無く。
手ぶらの母が正解だった模様。
ほんの一部だけで雨だった。
そうか、天気予報はどこかで当たっていたのか。当事者にならなかったから外れてばかりいると勝手に思っていただけなのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 4日 (火)

リアルなリー君!

今日は夏日で、夜の帳が下りてからも玄関を開けたままにしていました。
すると、家の中に蝙蝠が!
某劇場と同じ様に天井をぐるぐると回り始めました。スピードも同じくらいで更にビックリ(@_@)
あの玩具はリアルな蝙蝠に近かったのか。

壁に止まったり、額のチェーンを止まり木にしたり、向こうも戸惑っているようでした。
蝙蝠は夜行性だから部屋を暗くしてみると、スピードアップした姿、再び。今度は低い所も試し飛びしているようでした。
いろんな高さで旋回し、そこうちに外へ出た模様。風切り音でしか判断できないのだけれど、きっとそう。

哺乳類で私たちの親戚である蝙蝠君。
残念ながら、私にはペットにできそうもありません。何処と無く可愛い顔をしていたんだけどね。
蝙蝠も無事に自然へ帰り、私も寝床へ帰ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 3日 (月)

お散歩のその後は。

2日の続き。

東京駅からフリー行動。
先ず、新丸ビル4Fに向かいました。
新丸ビルはお初かも。
ここに向かった理由は、

undefined
土屋鞄でケーブルバンドを戴く為です。期間限定で、ある条件の下、このアイテムを配っているのです。
無事に条件を満たせたので、ケーブルバンドと最新カタログを受け取ることができました。
配布期間と上京日が重なって良かったです。昨年は上京する用事が無くて、配布を知っていたものの指をくわえて我慢するしかありませんでした。
欲しかった鞄を撫でて店を出ました。

次は同じフロアの「かまわぬ」。
手拭いを見て、生地を触り、自宅にある手拭いとの質の違いを肌で感じました。自宅の手拭いは安物ですよ。
ピアノの鍵盤柄に注目。
本当は靴柄の手拭いが欲しいのだけど、通販で発見したものの実際に触って確認したいので探し中なのです。
下足で顔は拭きたくないか……。
今度上京したら鍵盤柄の手拭いを購入しよう。

東京駅はお初。
TVでは見ていたけど、生で確りと見るのは初めてです。
振り返ると、広い空間が広がっています。

最近オープンして間もないKITTE。
中に入るのは、別の機会に。

それから銀座へ。
百貨店の友の会が満期となり引換です。
三越では和雑貨も見たけれど、気に入った手拭いは無くて購入せず。
かまわぬ、濱文様の手拭いや、歌舞伎座開場記念オリジナル手拭いが並べられていました。

浅草ではハウスオブローゼでシャンプー購入。
ウォーキングで紫外線の影響を受け赤ら顔になっていたので、美白化粧品のサンプルをくださる。
従姉がメラノーマで目の癌になっていて、私も気を付ける必要があるのです。
紫外線アレルギーの疑いがあるので、病院で検査してみたい。

UNIQLOでポロシャツを購入するつもりだったけど、時間切れで諦めるしかありませんでした。これからの暑い夏用に欲しかったのだけど残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 2日 (日)

東京お散歩日和。

久々の上京です。
昨年の十月以来でしょうか。今、見返してみたら九月九日以来でした。
九ヶ月ぶり!
東京は私にとって遠い街になってしまいました。それだけ観劇もしてないんだな……最後に観劇したのは昨年三月、演舞場での歌舞伎でしたか。
理由は、追々。気が向いた時にでも。
あ、私の病気ではありませんのでご安心を。

今日のコースは湯島から本郷にかけて。
これって、かつての職場周辺ではありませんか。
勤務した最後の一年は、仕事の帰り道にいろんな道を歩きました。後楽園から浅草まで歩いたり。
震災があり、自分の体力をつける為と、道を覚える為に。職場から帝劇にも歩いて行ったのも数知れず。道の繋がり具合を身体で覚えたと言っても過言ではありません。
つまり、この湯島~本郷コースは余裕綽々。

しかし、歩いただけで……どこかに寄り道したわけでなく、今回のお散歩は、それはそれは新鮮な部分も多々。
こんな機会を得て、幹事さんに感謝なのでした。

湯島駅集合。
最初に岩崎邸。
弥太郎さんの長男の住まい。

湯島天神をお参り。

坂を上り、東大中央食堂でランチ。

菊坂を下り、一葉の住まい、金田一京介住居跡、坪内逍遙住居跡を巡る。

そして最後にお茶。
ゆるゆると散策をしていきました。

次回は秋の予定。

さて、今日の歩数は……自宅を出て、自宅に戻るまで……23142歩でした。
引きこもりな私の通常歩数は3000歩程度なので、実に7倍。
既に、筋肉痛なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 1日 (土)

衣更えで気持ちも着替えて。

新しい月になり、いい区切りかなと思いblog再開です。
文章を書くことから遠ざかってしまい、感覚を取り戻したいのもあります。

再開するタイミングも月初が良いなって、ずっと考えていて……四月にしようと思ったら過ぎてしまい、五月にしようと思ったら過ぎてしまい……ようやくです。
継続するって事にも挑みたいな。でも、継続は私には無理そうかもf(^_^;

blog再開での最初の話題は、再会です。

今日は母の付き添いで病院の眼科に行きました。
母は七年ばかり前に白内障の手術をして、それ以来掛かり付けになってます。
今回は新しい眼鏡を作る為の視力検査でした。
かなりの弱視で、前回の外来で医師から「眼鏡を新しくしても視力は出ないと思いますよ」と言われたものの、母の押切で本日を迎えました。
待たされる病院ですが、何年と通っているので慣れたもので……母は目をつぶりうとうとしながら、目を休めながら名前を呼ばれるのを待ちました。
いざ呼ばれ、検査をしていって判ったことは、乱視が強いということ。そのせいで更に見えなくなっていたということ。
そうです、調整さえすれば、少しは見えるのでした。それは良かった。
問題は、眼鏡屋さんによっては特注レンズになるかもって事。病院内の眼鏡店は月曜~金曜開店なので確認できないもどかしさ。来週行って確認せねば。

その後、医師の診察を受け、処方箋を書いてもらいランチタイムです。
学食が解放されており、いつもの通りにそこで食事。病院内には別のレストランもあるけれど、やはり学食はリーズナブルなのでね♪

undefined
曜日でメニューが変わり、今日はナンとカポナータのセットにしました。
ナンが美味しかったです。ナンがあるのにライスが付くという不思議なセットです。

食事を終え、母とまったりしていると、見覚えある姿を発見o(^o^)o
相手も私に気付き、プチ同窓会の始まりです。四年ぶりでしょうか、高校の同級生に再会してしまいました。
相手は病院に勤務中で、丁度良くお昼休みだったのです。タイミング良かった~。
前回再会したときは都内だったのだけと、昨年から地元に帰ってきたとか。
今度ゆっくりお茶の約束をして別れました。

六月は人との繋がりが復活する月なのかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2013年7月 »