« 暑い夏がやってきた。 | トップページ | 村人3(仮)を演じます。 »

2010年8月15日 (日)

24年目の同窓会。

昨夜、中学校の同窓会がありました。
会場は自宅から歩いて行けちゃう距離。
受付時刻は案内に書かれていたけれど、開始時刻は書かれてなく……大抵、受付30分後にスタートだろうと考えてのんびりと家を出る。
18時に受付開始で、私が会場に到着したのは18時15分。案の定、18時30分開始でした。

田舎なので公立中に通いました。なので、殆どの同窓生の出身は同じ市内。お盆の時期だし、参加者は多いのかなと思っていたら80人程度だったみたい。
私の世代は第二次ベビーブームだったこともあり、一学年200人超え。そんな訳で、同窓の半分が参加した形となりました。全体的に女子の参加が少なかったです。
やはり、子育て中っていうのが原因みたい。
それと、嫁ぎ先が遠方ってパターンもあるみたい。
男子も、仕事の関係で埼玉とか東京とかに住んでいる人もいるし。
中には連絡がつかなかった人もいたんだろうな。

で、会場に着いて、三年時の担任がいるかと探したのだけど居らず。どうやら返事さえ無かったらしい。おいおい。
確か、私の従兄と同級生だったみたいだから、齢56くらいの筈。現役教員なのに……。どうしたんだろう?

一次会は立食で、ほぼ三時間自由時間。
最初、名札の準備も無かったみたいで、開始前に名札ケースと紙が配られました。受付時に同窓会の記念として配られたボールペンで氏名を書く形になったので、兎に角文字が細い。近くに寄らないと誰が誰なのかが判らない。
そうそう、記念ボールペン、折角文字入れしたのだから、同窓会の実施日も入れたら良かったのに。筆記用具を持ち歩いているので帰宅してから文字を見たのだけど、まさか日付が入っていないとは思わなかった。後で、自分で書き加えよう。
同窓会ではサプライズイベントも、自己紹介タイムも無く、ただひたすら喋るのみ。
6組80人程度の参加だったのだから、組ごとに壇上に上がって自己紹介タイムがあっても良かったよね~。中には別人のようになってしまい、誰か判らないままの人もいたりしました。名札する事になっていても、しない人もいるわけよ。
不景気だからなのか名刺交換って様子も見掛けないし。(二次会では、名刺を配っていた人はいたみたいだが)
なんか、ただの飲み会って感じ。……同窓会ってそういうものなのか?
今はカラーコピーなんかどこでもできるんだから、卒業アルバムの写真ををちょっと大きめにコピーして数か所に貼っても面白かっただろうし、当時の写真をスライド投影したって良かったんじゃないの?会場は結婚式場でもあるから、そういう設備はあると思うんだよね。

二次会は、同級生が商売している店に50人くらい行ったのかな。
一次会場から二次会場へはバスが出たので楽ちん。
二次会はお座敷。ずっと立ちっ放しだったから良かったよ。ようやく座れた。一次会では壁に沿って椅子は並べられていたんだけど、不慣れな人ばかりで、椅子に荷物置いている人が多数で座れませんでした。椅子の後ろに机が置かれていたのに……。
さて二次会。一度座っちゃうと座席のシャッフルは難しいよね~。私はずっと同じ席に座っていました。
それにしても、喋る声はシャッフルされ、耳の悪い私は会話を全て聞取れず。
あっという間に二時間が経過。

23時30分頃に二次会はお開き。三次会は、そのまま同じ会場で続けていく事となる。
私は二次会で帰宅。
二次会会場からも歩いて帰れる距離。それは便利でした。
24時前に家に到着して、午前様は免れたのでした。
久しぶりだったのだから三次会も出ても良かったのかなぁ~。
三次会は25人くらいが残ったと思われます。

同窓会から帰宅して卒業アルバムを何十年ぶりに開きました。
男子は中学卒業後に身長が伸びる人は多いし、女子はお化粧で変貌するし、アルバムの写真から明らかに大人になってますよね。
私の場合、「そんなに変わってないよな」と思っていたのだけど、中学時代と比べるとかなり肥えました。現在の私の顔なんかプクプク。お腹はブヨブヨ。
それでも、化粧しないから変貌度は低い筈なんですが、「誰だっけ?」とか「同じ組だったっけ?」と……。存在感が薄かったのは自分でも認めますが。ええ。中学時代は人生投げてたし。
しか~し、「誰だっけ?」と聞いてきた君。小学校の時、私の事好きだって言ってたよね?
「同じ組だっけ?」と言ってきた君。えっと、三年の三学期には学級委員長したんだけど、私。
ガックリときた瞬間でした。

タイトルにあるように24年目の同窓会。満39歳。人生の節目でも何でもない年に開催。ドラマの影響なんだろうね。
でも、高橋克典も黒木瞳も、そして三上博もいないよ。
ただ、斉藤由貴に近い人はいました。
私から見るとエセレブなんだけど、子どもに幼稚園お受験をさせて無事に入園したから、あとはエスカレーターで進学できるって力説してた人がいたんだよね。
セレブ風って思ったのは、焦っている風な喋り方をしていたから。良い暮らしをしてます風な話をしているんだけど、本当にそうなら心の余裕が垣間見えても良さそうなんだけどね。
尾美としのりの様な官僚は見当たらない。宮地雅子みたいな専業主婦は多かったかな。

私には中学時代に浮いた話は全くありませんでした。それでも、中学時代にロマンスやら青春やらしていた人々はいた訳で、「あれ?あの二人、全然顔をあわせて無いや」という元カップルがいて、24年という年月を感じました。中学時代に仲の良かった二人だったのに。第三者の視線で見ると、女子は眼中にないんだけど、男子の方にはわだかまりがあるような感じでした。行動に移せず頭を抱える様な感じ。二人にはドラマがあったんだろうな。
最後に、あまりの田舎な為に既婚者ばかりでした。中学時代に男嫌いだった女子だって、きちんと結婚してる。独り身がいたとしてもバツイチだったり。
そんな田舎の世界では、私は変り者に分類されていると思われます。
東京で仕事してると、未婚が多いんだけどな。

次の同窓会は来年になるのか、それとも十年後になるのか。それはそれで楽しみではあります。

|

« 暑い夏がやってきた。 | トップページ | 村人3(仮)を演じます。 »

コメント

エセレブーー!!(笑)

中学校の同窓会だけはいきとうない(苦笑)
中学校のは、慰めあいっていうか、
いまの現状これでいいのよね?って
確かめあう人の集まりに思えて魅力
感じなくて・・きがすすまない・・。


一度だけそういうお話があったんだけど、
同窓会開く実行委員会がしっかりしてなくて
(おかねにね)微妙だったことから
そんなんだったらイカン!と私がご立腹してしまった
からなのだ(なんの権限で?)
なんで足りない分があったら、実行委員会で
負担しなきゃいけないわけ?みたいな??????


あのときはとんがってたから(今も?)、
ちょっとでもまちがっとる!って思うと
やだったんだよねえ・・・。

しかし・・
お受験させてエスカレータ式?
へ?ってかんじだね。

結婚したから
子供がいるから・・・
何がえらいんじゃーって思うことも
多々。

やっぱ人間どう生きてるか、どう生きるかで
セレブ面してくれよ・・って思ったりする。

お化粧かぁ・・。
あんまりしないのよ、私。
ただ、当時はショートカットだったため
いまあったらみんな「オカマ」って思うかも(笑)
あの頃は男の子だったもんね、私♪

ちょっとしたニューハーフのような顔だし~~♪

同窓会で「誰?」って聞かれたら
「俺だよ、俺!」って言ってみようかな♪


ただやぱり36を超えたあたりから
だんだんたるみやらしみやらしわやら・・で
顔の軽微な変化に恐れを感じつつ。

いまになって必死にお手入れなんぞをしていたり
します((笑))

女子高の同窓会ってあとちょっと?
エセレブいっぱいいそうだ・・
セレブもいそうだけど・・

でもやっぱり平凡が一番!
心のセレブでいられたらそれでいっか♪

ひろちゃん、あたしに気づいてね♪

投稿: hasami | 2010年8月18日 (水) 01時31分

hasamiちゃん、どもです。

美少年な君のことならすぐに気づくよ〜。
それよりhasamiちゃんが私に気付いてくれるのか心配shock

女子校は42年会とかいって42歳になる年に同窓会があるよね。
高校を卒業した時は、随分と先の事だと思ったけど……いつの間にか目の前にきてしまいました。
そういえば、女子校も開校110年。10年ぶりに同窓会名簿が作られるけれど、行き先不明の同級生が意外と多いのに驚きました。
不明者には42年会の通知が届かないよね……。

お受験に関しては、私は批判的という訳ではありません。
ただ、人に言うような話ではないと思うのです。
それと、「子どもにとって良い環境でいられるチャンスを作る」というのならアリだと考えます。
自分の見栄のために子どもを利用するのが気分悪いのよ。

仕事柄、教員と接する機会があるんだけど、ホント、千差万別。
自分に子どもがいたとしたら、担任になってほしくないような公立学校の教師も存在するわけで、私立の先生の質の良さに驚く事があります。
都会だと選択肢が多岐にわたるので(児童・生徒が学校を選ぶのも、学校が教員を採用するのも)、自然と淘汰されているんだろうな。


そんなこんなで、いろんな事を考えられた同窓会だったのでした。

投稿: ひろ | 2010年8月19日 (木) 20時05分

受験について、熱く語っておられますね。
都内なら受験は、珍しくないですね。
知性があり、経済的に自由なご家庭は、極めてNaturalに選択されることですね。
セレブ、エセレブという解釈も、通り一辺倒、偏狭で、実態をご存知ない!と失礼ながら感じました。
説得力が感じられませんでした。
一度、学校行事のお父様お母様をご覧になっていただけたら…と思います。
それよりまずは、そのあたりの価値観をshareできる、知的で富裕なパートナーを確保されるのが急務ですね。
語るより、体験!これが子育てでも、人間として生きていく上でも一番大切なこと!…だと、お受験をなさるお母様方は皆さん、思っていらっしゃるはずです。突然のコメント失礼致しました。

投稿: くみこ | 2010年8月21日 (土) 20時42分

くみこさん、いらっしゃいませ。

コメントの内容から、くみこさんはお子さんをお受験された保護者と判断して宜しいでしょうか?

お受験に関しては、特に熱く語っているつもりはありません。
書いていて言葉足らずの部分があるので、勘違いされる事もあるかと存じます。
読返してみると、私がコメントに書いた「人に言うような話ではないと思うのです。」という部分も勘違いされる表現だと気付きました。
「『お受験させたの~』とは、敢えて他人に言う様な話ではない」ときちんと書かないと、幾通りにも解釈出来てしまう文章でしたね。

セレブ、エセレブに関してですが、「エセレブ」がどのような方なのかを私が理解できていないようですので、くみこさんからレクチャー戴けると幸いです。

同級生との会話の内容を記していくのは、同級生の生き方を批判することになるので致しませんが、もしもそれを知ったとしたら、くみこさんは彼女と「同列に扱ってほしくない」と思われるだろうと予想されます。

投稿: ひろ | 2010年8月22日 (日) 12時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110385/36180948

この記事へのトラックバック一覧です: 24年目の同窓会。:

« 暑い夏がやってきた。 | トップページ | 村人3(仮)を演じます。 »