« がんばれ、プリンタァ♪ | トップページ | 身近な宇宙のお話II その2 »

2008年5月17日 (土)

場違いね、私。

土曜日、講座がありました。
先月の講義では自己紹介で時間が費やされたんだけど、今月は入選作品についての意見交換でした。三作品について、それで二時間半。やはり、じっくりやるとこのくらいの時間は必要なのでした。
来月は入選作品の残り二作品についてと、受講生が提出した作品についての意見交換。そして、来月に公演のある現代劇作品についての解説です。興味のある内容なのですが、生憎、仕事で×。
某現代劇作品は、軽く五回くらい観に行っています。女優さんの主張によって演出やら衣装が変更された事もあるって話は知っている。船場の話なので、その生活ぶりを参考にするために実際のハイソなお家の調査をしたって事も聞いたことがある。
それでも、再び聞きたかった。

講義の中で意見交換があったわけですが、様々な年齢層の人々が集まったからなのか、今まで伺った事の無い、非常に分析された意見が出されました。もう、それだけで萎縮してしまいました。
そこまで分析するなんて私には無理。
そして、経験の長い人々の的確な意見。辛辣な意見。……こりゃ、生半可な作品を出したら、えらいこっちゃ。
結局、商業演劇の作家を養成するのが目的なので、そういう方向で書いた方がベターみたいです。
今日も、次々に作品を提出する人がいらした。
講評の様子だけでも、出しにくい。「どうして私はここにいるのだろう」感が出てきてしまった。
自分の居場所じゃないような感じ。
それでも、講義後の課外授業に顔を出してしまう私。しかも、先生の目の前に座ってしまった。内気で自分から話題をふれないのに、なんて大それた事をしてしまったのか。
ちょっとアルコールが入って、気分の良くなる私。本当なら、飲んでいる時間は劇場の客席に座っている筈だった。
場違いだと思いつつ、美味しいお酒を傾け、演劇論に耳を傾け、「来月は課外授業だけでも出席したいな」などと思ったのでした。

幕間が始まる時刻に課外授業から早退して劇場へ向かいました。幸い、歩いて五分くらいの場所だったのでした。
幕間に知合いを発見。職場の人と一緒だったから終演後に講座の事をぼやこうと思っていたら、終演後に声を掛けられる状況でなく。明日でも見掛けたらぼやくと思います。
まじで力の差が!!!
二十年も勉強されている方との知識の差が……。お夏・清十郎について正直に「知らない」発言したら、「勉強している人の中に『好色十人女』を知らないなんて」と批判受けるし。『ホテル』の高嶋弟のように「もうしわけございません」状態なのでした。……恐いよぉ~(笑)。
2008/05/18 00:43

|

« がんばれ、プリンタァ♪ | トップページ | 身近な宇宙のお話II その2 »

コメント

Fさんに指摘された作品は『好色五人女』の中の『姿姫路清十郎物語』でした。

実話であり、元々、浄瑠璃で上演されていたみたい。
手元にある歌舞伎関係の本をめくっても見付からず、ネット検索で判りました。

タイトルは知っていても、「説明してみて」なんて言われても出来ないので、ちゃんと調べないとダメね。

投稿: ひろ | 2008年5月18日 (日) 14時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110385/21007804

この記事へのトラックバック一覧です: 場違いね、私。:

« がんばれ、プリンタァ♪ | トップページ | 身近な宇宙のお話II その2 »