« ひと人ヒト。 | トップページ | 今年もお世話になりました。 »

2007年12月30日 (日)

私をブルーにさせたあれこれ。

このblog、ほんの数日ですがパスワード保護をかけていました。
突然パスワードを要求されて驚いた方もいらしたでしょうね。
ちょっとした事がありまして、そんな設定にしておりました。

私個人としては、知合いのblogに訪問し、様子を見て、大丈夫な感じだったら「アクセスしてますよ」というアピールも兼ねてコメントを必ず残すようにしています。
blogの書込みの内容から、それっきりでコメントを残さなくもなりますけど。
でもね、誰がアクセスしてくるのか判らないblog。そこに知合いがアクセスしている場合、何か残すのが普通なのかなって思ったりします。
大昔にやっていたblogには「ひっそりとやっているから知らない振りして。コメント残さないで」ってアピールしていたけど、今やっているこのblogは最初に公表したという経緯もあるので、こっちには何かしら欲しいなって思っています。
だから、何も残さないのにアクセスされるのは嫌な気分になるのでした。
正直、アクセス解析からどなたがアクセスされているのかは判明しています。どんな言葉で検索されているのかっていうのも判る。
「検索フレーズランキング」を出しているのも、判ってるよというアピールでもあったりしました。

まぁ、納得いかない事があると行動する私。
今回も懲りずに行動したのですが、その事から判明した困ったことが一つ起こりました。
このblogの一部分をプリントアウトした物を某社に送った方がいらしたそうなのです。
その事を知り、「え~~~」という状況に陥ったのでした。
正直なところ、「そんなにまずい事を書いたっけ?」。
教えてくださった方は某社関係者に確認は取られていない話でしたが、「送りました」って話を耳にした事があったそうでして、「そういう事実があるのならblogを閉じよう」と思ったのでした。

ここに書いてあるのは私が徒然なるままに書連ねている文章ですが、勝手にプリントアウトされるという事には抵抗があります。
私の気持ちの中で一番に引っ掛かったのは「プリントアウト」したという事。
プリントアウトして第三者に配布をするなんて事は絶対にしないでください。
このblogのURLをメールなどで私の知らない場面で広報されるのも実は嫌だったりするのですが、「プリントアウトして配る」のと「URLを第三者に知らせる」でどちらかを選択しなければならないならば、「URLを第三者に知らせる」方を選びます。
私個人が存じ上げない方に、ネット上でアクセスされるのは構いません。
別の媒体になってしまうと、私が関知できない世界で出回ってしまいます。それって、とても嫌です。
正直、「これって駄目でしょ」という書込みがあったら、コメント欄に記入して頂きたいです。

このblogの存続について考え、確認を兼ねて、送られたという某社関係者に確認をしました。
関係者さんによると、現在のメンバーでは心当たりは無いそうです。
言葉を裏返せば、過去のメンバーでは心当たりがあるのかもしれない。
過去ですか。
プリントアウトして手渡された書込みを予想していたものの、「あの書込みを○○さんへ渡されたんだろうな」という考えが確実になり、「あの書込みだったら文章に責任を持てる」と自分の中で納得。
結果として、このblogを続ける事にしたのです。

そういう事でした。
今回の事で、blogでは毒づかないように心掛けます。
結果として、毒にも薬にもならないような事しか書かなくなると思います。更に駄文に拍車が掛かるのは必至。
でも、しょうがないのかなぁ。
逆に、そうなれば私個人を知らない人にはつまらなくてアクセスする意味がなくなるでしょうから、その方が私の精神衛生上良いのかも。

再び、私の気紛れでパスワード保護を掛ける時が来るかもしれません。その時は、私個人にメールください。パスワードをお知らせします。

|

« ひと人ヒト。 | トップページ | 今年もお世話になりました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110385/9636886

この記事へのトラックバック一覧です: 私をブルーにさせたあれこれ。:

« ひと人ヒト。 | トップページ | 今年もお世話になりました。 »